歯科医院 3Mix法 削らない虫歯治療 内科的歯科治療

ショー歯科医院 座間・大和

3Mix法とは 〜削らない虫歯治療(内科的歯科治療)

3Mix法とは、内科的歯科治療のことです。

細菌が原因で起こる病気を感染症といいます。

感染症を治すためには、病原菌をとりのぞき、 病原菌がいなくなると、体は自然と治っていきます。

したがって、内科医は、病原菌を殺すクスリを処方します。

また、歯科医学的に、人間の口腔内で起こる疾患(例:むし歯、歯周病など) は、ばい菌による感染症であると考えられます。

そこで、3Mix法とは、内科的にむし歯を治療する方法です。

通常のむし歯治療では、ばい菌に侵された部分をタービンで削り取って、 プラスチックや金属などを入れます。

このとき、大きめに削る必要があります。

3Mix法の場合は、3種類の抗生物質を混合した軟膏を、ごく少量だけ歯のなかに埋めこみ、蓋をします。

こうすることで、薬効成分が歯のばい菌を殺し、無菌化するので、それ以上、むし歯が進行しなくなりますし、一度壊れた歯の組織が、多少修復されます。 (人間の免疫力ですね)

削る量も少ないので、痛みも少なくなります。

このため、最近はテレビやマスコミで取り上げられています。

このため、3Mix法をご希望する患者さまには、この抗生物質を使用するご許可をいただきたいのです。

この抗生物質は、内科の診療所で普通に飲み薬として処方しているものです。

これを、1錠の100分の1程度の微量ずつ3種類混合したものを使用します。

ただし、症例によっては神経や歯を抜かなければならない場合もあります。

お気軽に医師にご相談ください。

※自由診療ですので、保険は適用できません。予めご了承下さい。

Q&A

1.抗生物質を使うことが不安ですが?

はい。以下のような点が考えられます。

●一回の治療に使う量は、1錠の百分の1ほどの少量ですみます。

●耐性菌は1種類の抗生剤を使い続けることによりうまれるため、その薬が効かなくなることがあります。 これに対し、3Mix法は、3種類の抗生物質を混ぜて使用するため、すべての菌が殺菌されるので、耐性菌が生まれにくいです。

●薬に対して、アレルギーがないかぎり、副作用の危険が少ないです。

2.内科的歯科治療だとどんな点がお得ですか?

はい。以下のような点が考えられます。

●麻酔をしなくていいので、患者様の負担が和らげます

●歯を削る量が極端に少ないです(一度削った歯は元通りになりません)

●痛くない治療ができます

●歯の神経(歯髄)を助けられます(神経をとった歯を失活歯といい、歯の質がもろく、欠けやすくなります)

●抜くような歯を助けられます

●以上の理由により、歯を長持ちさせることにつながります

つまり、総合的に考えて、肉体的にも、精神的にも、経済的な負担が軽減されます。

3.なぜう蝕はできるのか?

はい。「むし歯」は、「う蝕」 「歯槽膿漏」は、「歯周病」といいます。

その「う蝕」、「歯周病」は、ばい菌(細菌)が起こす病気です。

これらは、口腔常在菌です。おなかの中にビフィズス菌がいるのと似ています。口腔常在菌は、人によって数や種類、構成割合が異なりますので、むし歯になりやすい人、なりにくい人がでてきます。また、歯磨きの仕方、食生活、生活習慣の差異などにより、むし歯になることについて、個人差もあります。

歯周病かも?と思われている方へ!
自宅で自分で簡単にケアする方法を伝授します。
詳しくはこちらから!!

 

ショー歯科医院

〒252-0002 神奈川県座間市小松原1-26-22遠藤ビル1F

電話番号 046-255-0118